まるぶエプロン量産の暁には、焼きそばなど売り切って見せるわ。/第45回知多市産業まつり2017

戦いは、数だよ。兄貴。(ドズル・ザビの声で。)

普段、わたしたちは、丸ぶと書かれたハッピで演奏をしています。

2004年ごろの映像で既に着ているので、15年くらい前から使っていると思います。今年はじめて、新型のバリエーションが追加されたのが、このまるぶエプロンです。

例によって、リーダーのOさんが、「シルクスクリーンのTシャツプリント機あるから、エプロンに印刷できるよ。簡単に。」という一声で、召集された面々の前に、「はい、コレ」と渡された、未開梱の箱がひとつ。。。。。使ったことないのに、なんで「簡単」かどうか分かるんですか?・・・

ナイロン用の黒インクが5瓶もあります。説明書きには、「専用硬化剤を混ぜてください」とあり、「粘土の調整には、専用溶剤を」と書いてあります。お客さ~ん、硬化剤が買ってないと、固まらないから使えまへんでぇ(大阪商人の感じで)。「あ、ホントだ。でも、それは今日は使わないから、初期セットの水性インク使って。」

・・・あ、そうですか。悩んで損した。このTシャツプリント機、仕組みは、懐かしい年賀状のプリントゴッコとほぼ同じなのですが、シルクスクリーンのマスクを除去するのに、水とハケで丁寧にはがす、わりと繊細な作業が必要で、誰だ「簡単」って言ったのは?

すべては、焼きそばのためです。第45回知多市産業まつり2017に合わせて、すぐ横の市民活動センターにて、市民活動センター10周年記念イベントがあり、28日(土)は演奏で、29日(日)は焼きそば販売で、参加いたします。

市民活動センター10周年記念イベント特設サイト(産業まつり2017チラシも参照できるよ)

28日(土)に焼きそば買いに来ても売っていませんし、29日(日)に聞きに来ても演奏していませので、上記サイトを参照の上、イベント日程を間違えないようにお越しください。28日(土)のチャリティーオークションや、両日とも先着1,500名での記念抽選会(くじ引き)もやっています。

 

 

この記事を送る:

無料の花苗配布の時間@知多市産業まつり2017

わりと人気の企画だと思うので、産業まつりの花苗配布の時間帯を紹介します。日付と時間をお間違えのないように。

緑と花のコーナー 28日(土)
●パンジー花苗2株を配布   10:00~(先着300名)
●チューリップ球根5球を配布 13:00~(先着300名)

JAあいち知多 知多半島 花半島コーナー 29日(日)
●花苗配布 ①10:00~ ②14:30~ 各回先着300名
パンジー・ビオラの花苗3株をプレゼント

知多市産業まつり2017チラシ

チラシの会場見取り図を見ると、知多市役所の駐車場内のATMのある島あたりのようですね。

 

この記事を送る:

市民活動センター・チャリティーオークション(知多市産業まつり2017)

2017年(平成29年)10月28日(土)12:30~13:30に、第45回知多市産業まつり内で、知多市市民活動センター10周年記念事業の一環として、チャリティーオークションを実施します。出品予定は、下記の魅力的な品々で、ぜひご来場ください。(ブローイングのメンバーが実行委員に参画しております)

市民活動センター10周年記念事業イベントの特設サイトはこちらになります。

●中日ドラゴンズ 浅尾拓也投手 サイン入り練習用ユニフォーム(パネル入り)+サインボール(セット×1)

●中日ドラゴンズ 浅尾拓也投手 サインボール(×2)

●中日ドラゴンズ 福谷浩司投手 サイン入り練習用ユニフォーム(パネル入り)+サインボール(セット×1)

●中日ドラゴンズ 福谷浩司投手 サインボール(×2)

●東北楽天イーグルス 小山雄輝投手 サイン色紙(×2)

●東北楽天イーグルス 小山雄輝投手 サイン入りカード(×4)

●アンダーポイント(よしもと芸人) サイン入りTシャツ(舌ベロ、星条旗、黒赤、各×1枚)

●美牧冴京(元 宝塚宙組男役) グッズセット(×1)

●大和哲也(キックボクシング) サイン入りグローブ(×1)

●redbaloon/村屋光二(ミュージシャン) Tシャツ+CDセット(×3セット)

 

 

この記事を送る:

市民活動センター10周年記念事業イベント特設サイト/第45回知多市産業まつり

さて、アマチュア市民吹奏楽団である、われわれ「ちたブラス.ねっと 八幡ブローイングオーケストラ」は、地域の様々な団体にも参加しております。知多市・市民活動センターもそのひとつで、今年、開館10周年を迎え、第45回知多市産業まつりと同時開催にて、記念イベントが開催されます。その記念イベントの実行委員会にブローイングのメンバーも参画しており、宣伝用に特設サイトを立ち上げました。

http://chitabrass.net/ChitaNPO10th/

今夏のブローイングのリニューアルに使った技術をフルに投入して(というか、同じテンプレートを使っているので、色違いだけど同じ骨格)、5時間でつくりました。もうちょっと、イラストとか入れて、カワイくしていく予定です。ルンルン。(中の人は、大概なオッサンですけど。)

最初は、「焼きそば産業まつり.com」とか取ろうと構想していたのですが、悪ふざけがすぎるので、そこまではしませんでした。さぁ、本家の産業まつりの広報と、検索エンジン勝負だ!

 

この記事を送る:

チャリティーオークション告知動画/第45回知多市産業まつり

YouTubeに告知動画をのせました。

見栄えがするので、大和選手のグローブを使わせていただきました。手袋をして大切に取り扱っております。

その他の出品物もご覧ください。

http://chitabrass.net/WP/archives/565

市民活動センター10周年記念イベントの特設サイトはこちら。

http://chitabrass.net/ChitaNPO10th/

 

この記事を送る:

焼きそば参戦/第45回知多市産業まつり

さ~て、今週のビックリドッキリメカ~!(ボヤッキーの声で。)

(今週のビックリドッキリメカ)

どこかで見たことあると思っちゃぁいけません。「夏に見たことある」と思った、アナタ!よく思い返してください。特別に写真も載せましょう。夏のがこれです。

(夏のビックリドッキリメカ)

デカイ、と思ったアレでも、ガスは4口です。最初の写真は、ガスは何口ついてますか?そう、7口です。横幅にして、約2倍弱。面積にすると4倍弱。もう、赤く塗って、ツノつけておきたいレベルです。

それもこれも、産業まつりで焼きそばを売りまくるためです。10月29日(日)です。(28日(土)は演奏はありますが、焼きそばは売っていません。)焼きそば買わなくても、この巨大な鉄板は一見の価値がありますので、ぜひお越しください。「こんなの買うなんて、アホなの?」って。

鉄板も三方に囲いがついていて、男二人だとちょっと浮かすぐらいがやっとで、台車がないと運べません。

http://chitabrass.net/ChitaNPO10th/tent.html

「ちたブラス.ねっと」という持ち株会社に移行したため、来期からは「ちたブラス.ねっと 焼きそばブローイング販売」に営業譲渡します。

夏に「われわれは吹奏楽団だ!何かを見失ってはいけない!」と言ってた人も、何かを見失って、毎日YouTubeで大量焼きそばの取り回し方を研究しているようです。乞うご期待!

 

この記事を送る:

スタッフスカーフ/知多市産業まつり2017イベント

市民活動センター10周年記念イベント@知多市産業まつりの、スタッフ用スカーフが手配されてきました。

かわいいハロウィン柄です。全体はこんな感じ。

首にまわすと、かぼちゃやお化けはちょっと隠れてしまいますけど、こんな感じになります。ヘアゴムを用意しておかないといけないですね。市民活動センターのイベントで、なにか分からないことがあれば、オレンジのスカーフの人に聞いてみてください。

産業まつりの公式ページがどこなのか、いまいちよく分からないのですが、産業まつり本体のステージプログラムや、会場案内、イベントのタイムスケジュールなどもスマホで分からないと不便なので、全戸配布されたチラシを転載しておきました。ご参考までにどうぞ。

知多市産業まつり2017チラシ(ステージの出演プログラムや飲食テント会場地図、花苗の無料配布の時間など)

 

 

 

この記事を送る:

今年の下期ネタソング枠は、ダンシング・ヒーローだ!

なつかしい、31年前の映像をひとつ。まだ、「ちたブラス.ねっと」がつかない、ただの「八幡(やわた)ブローイングオーケストラ」だったころの、むか~し、むか~しのお話しです。

1986年(昭和61年)4月6日(日)、第4回発表演奏会(知多市勤労文化会館)の当バンドの演奏より 。過去の映像アーカイブから掘りおこしてみました。 ミュージックエイトで再販(QH8156)が決定しましたが、これはオリジナル版(QH-90)です。31年前だから、当たり前。

なぜかというと、登美丘高校ダンス部のキレッキレな「バブリーダンス」が話題になっているので、掘り出してみました。

荻野目洋子さん公式も面白い。

東海地方の人は、盆踊りでもおなじみだし。

さて、上期のDirty Workぐらい盛り上がってくるか?!

 

 

サムネイル用画像:

この記事を送る:

知多市八幡西平井敬老会の依頼演奏

今日も、いろいろありました。人生いろいろ♪(島倉千代子)

児童館の保育士をなさっているKさんが、ボーカル🎤で依頼演奏に参加してくれることになっていて、メンバー一同、ドキドキ💕しながら、今日を迎えることになりました。

最大のどきどきポイントは、キー(曲の全体的な音程の高低)🎼です。私たちは吹奏楽用に編曲された楽譜を購入して、使用しています。しかも、プロ集団ってわけでもなく、初心者も混じるので、難しい楽譜だとできませんし、その場での移調なんて無理です。また、ギターの人のようにカポで調性を変えることもできません。カラオケ気分のボーカルの人に「キーを3度下げて」とか言われても、無理です。必然的に、ボーカルの人に、無理やり吹奏楽楽譜のキーに合わせてもらうことになります。これが結構、難点になります。人によっては合わなくて、全然歌えない(歌いにくくて嫌気がさす)になってしまいます。

もうひとつのどきどきポイントは、繰り返し構成です。吹奏楽用に編曲された楽譜なので、元の曲の歌う為の間奏などが、変なソロに置き換えられたりしていることがあり、それを大目に見てくれる妥協度が必要です。なるべく元曲の構成に合わせるために、無理やりつないだりするので、音楽的に厳しい人だと、いろいろ許せない部分が出てくると思います。

今日の日程は、朝9:00~10:30に練習&リハーサル、移動して11:30集合、セッティングの後で、12:30~13:00本番という段取りです。初顔合わせのボーカルKさんとは、最大でも1時間半の時間しかありません。(ドキドキ💕)

まず、分かりにくい場所にある旭桃記念館にKさんが朝たどりついてくれたことに一安心(ほっ🍵)、話を聞くと学生時代にアルトサックスをやっていたとのことで二安心(ほっほっ🍵🍵)。吹奏楽の経験があれば「3度下げて」とか言わないですからね。

1時間半まるまるリハーサルできるわけでないので、メンバーが参集しつつ音出し。9:45あたりから、ぼちぼちデモ音源に合わせての、合奏気分練習。1曲目は何やったか忘れましたが、Kさん合わせて入ってきてくれました。2曲目がすごかった。北島三郎の「まつり」は、イントロが長めで、入るポイントが分かりにくいので、バンドメンバーでさえ本番で一度間違えているくらいです。事前に話しはしたのですが、目くばせで「入り」のキューを出したら、一発目で合わせてきてくれました。すごい!これで「できる人」なんだと認識しました。音楽レベル的には、われわれより、断然格上。

メンバーも参集してきて、いよいよ合奏リハです。練習会場のステージに上がってもらって、マイクの準備も万端。結論から言うと、録画も録音もしていなかったのが悔やまれるレベルの素晴らしい出来でした。ボーカルとバンド演奏がからみあって、だんだんボルテージも上がり、ボーカルのスピード感も上がり、バンドの音圧も上がっていきます。リーダーのOさんには、リハ中から、「今日のステージはボーカル付きのエポックメイキングになるから、ビデオの準備万端でお願い。」と、私からささやいておきました。本番に向けて、余力は残しているでしょうから、出力85%って感じでしょうか。本番が楽しみです。

さて、練習会場を片付けて、日長で追加のパイプ椅子を積み込み、会場でセッティングです。本日の会場は素晴らしい!舞台上にクーラーがあります!客席にクーラーがあるのは当然ですが、舞台上で空調が効く、しかも温度をぐっと下げれるのは稀です。夏場に、エアコンの効かないステージで、幕をしめて、人数いっぱいでギチギチで、「じゃ、30分このまま待機で。」と言われると、もう熱中症で死ねます。涼みながら☃、ひときわ熱効率の悪いOさんを筆頭に、みんなもリラックス顔~。

さて、本番は、いつもの高齢者向けの演歌&カラオケ大会モードでスタート。最初は、マイクを渡そうとしても固辞するものの、酒が少し入っていることもあり、徐々にマイクを握って参加してくれる人が増えてきます。ボーカルKさんも、メンバー司会の2人と一緒に、客席へマイクを勧めに回ってくれます。Kさんのポジション取りも、ブローイングの演歌&カラオケステージの趣旨をよく理解してくれて、最初から「うたごえ喫茶のうたごえリーダー」モードで、お客さんに歌ってもらって楽しんでもらう方向性で、パワー抑え目。最終的には、マイクを握って前に出て歌ってくれる人も出てきて、ステージとしては大成功でした。

ただし、ボーカリストKさんの出力は、自己抑制して45%くらいだったと思います。まぁ、客層によってフルパワーで歌ってしまうと、逆に客席が引いてしまって「客席ポカーン」状態になるので、正しい判断だったと思います。今度は、客層/選曲/イベント趣旨の合う機会をつくって、フルパワーの100%出力のKさんと演奏してみたいですね。たぶんそのときは、ボーカルと演奏のバランスのとり方が難しくなるから、PA係のYくんの力も大きく関与してくるでしょう。

「まつり」は、リハのときに「男性の声域だから、合わせるのが難しい」とおっしゃっていたのですが、本番では、客席が参加してきてくれる前の1番で、オクターブ上げて合わせてきてくれています。いや~、もう1回やりたいですね。Rくんのビブラスラップも良かった。(カ~~~~ッ)

この記事を送る: